有松絞り祭り

今年も有松絞り祭りに参加してきた。娘がダンスするというので朝9時過ぎに会場に向かう。

 

今日はとても暑い日だ。ダンスを見終わってからすぐにビールをかって飲む。

そのあともビール飲んで、色々食べて、どぶろく飲んで昼過ぎに帰宅。

 

オアシスなんかを聞きながら、部屋で夕方まで寝たり起きたりを繰り返す。

 

ああ、いい日だ。

 

f:id:luckytoshi:20190601183733j:plain

有松絞祭り

f:id:luckytoshi:20190601195046j:plain

南知多のネギホルモン おいしい

f:id:luckytoshi:20190601183858j:plain

昔の薬局 かっこいいね おしゃれ

f:id:luckytoshi:20190601183935j:plain

今日はまだ動いてなかった

f:id:luckytoshi:20190601184010j:plain

山車

f:id:luckytoshi:20190601184034j:plain

カツサンドとビール

f:id:luckytoshi:20190601184113j:plain

藍ラテ

f:id:luckytoshi:20190601184205j:plain

有松絞り 一反木綿?

f:id:luckytoshi:20190601184256j:plain

飛行機売ってますよ

f:id:luckytoshi:20190601184331j:plain

有松絞り体験

f:id:luckytoshi:20190601184424j:plain

どぶろく。東北のすごい人が作ったフルーティーな味わい。最高

 

別の歯医者で診てもらった

ここ数ヶ月、歯の治療に進展がないので他の歯医者に診てもらうことにした。

 

新しい歯医者は詰め物を取った瞬間「これは・・・」と小さな驚きの声を上げたが、写真を見てその理由がよく分かった。

 

写真には真っ二つに割れた血まみれの歯が写っていた。「ここまで割れていると正直もう手の施しようがないですね。これを治せるという先生はいないと思いますよ」。(確かにそうだなあ)

 

ということで、歯を抜くことにした。インプラントは40~50万円と高額だし、ブリッジするにも隣の歯を削って長くするなどよく分からない加工が必要ならしい。

 

来週末、歯を抜いてマウスピースを新調する。これで約一年かけて結局治らなかった歯の治療が完了する予定。

 

職場を変えるタイミングに向けて着々と準備が進んでいる。

 

いろんな電子機器が遅くなった。

調子に乗って使っていたウィンドウズが劇的に遅くなった。Adobeリーダをインストールしたあたりから全てのシステムが劇的に遅くなってしまった。なかなか起動もせず、シャットダウンすら数分かかるようになってしまった。

 

Adobe Readerと一緒にウィルススキャン関係のソフトウェアも自動的にインストールされてしまっていて、こいつらが悪さをしているような気がする。せっかく不要なソフトが入っていないウィンドウズがサクサク動くのに気にいっていたのに。

 

関係ないのだろうが、スマートフォンの動きも悪くなってしまった。特にバッテリーがもうダメのようだ。バッテリー残量20%から突如0%になってシャットダウンしてしまう。この現象はiOSをアップデートしたぐらいから始まっている。

 

ソフトウェアが劇的にパソコンの性能を下げることが多々ある。

これ何とかならんのかね。パソコン使い始めて20年以上経ってるけど、なんで解決しないんですかね。

 

<追伸>

色々方法があるので試してみたら結構早くなった。ウィンドウズアップデートがいくつか失敗していたのと、不要ファイルが多くなっていたのが多分原因。

 

cloud-work.jp

ようやく転職先が決まりそうだ

ようやく転職先が決まりそうだ。サイトを見て同業なのでできそうだと思いパートの募集に応募したのが2か月前。すぐに電話がかかってきて、職歴を見たら正社員採用が良いということで担当者を紹介してもらい、しばらくしてから人事担当者と面談。その数週間後、若手の社員、係長と面談。そして社長や中途社員も含めた面談(中途社員と話をしたいといったらすぐに呼んでくれた。社長は「俺出て行ったほうがいいよね」と言っていたが、中途の方(私の同業他社)に方は自信満々で会社の良いところを語っていた。)

 

そして二日前に社長と常務の三人で会社の将来について意見を交わす。常務はカリスマ性のある営業マンで愛嬌がある。みんな40代で、「不惑の40ですね。やはりこの道で行くしかないんだなあ」と語っていた。ちょうどこの分野の人材を探していたのだけれど、なかなか適任者がいないところに私が応募してきたらしい(うまい話だが本当か?と思うが、嘘ついている風には見えない)。

 

今日は暇になったので会社を早々に切り上げ、ブックオフで本を購入。大量の本の陰に隠れてこの本が私を呼んでいるような気がした。

 

手遅れになる前に 勤めている会社に耐えられなくなったら読む本

手遅れになる前に 勤めている会社に耐えられなくなったら読む本

 

 

作者はおそらく私のいる業界(親会社)の人だと思う。理不尽なパワハラとか木更津に住んでいたとか書いてあるし、いろいろと同じ感じがする。とにかく合わない職場に身を置くことは時間の無駄であることが、この本を読んで確信した。

 

8月末で退職し、9月から新しい職場で働くことにする。

 

16年働いて転勤3回。北の大地から日本の真ん中まで来た。

 

転職でまた引越し。当初だれも予想しなかった土地での生活が始まる予定。今度は自分で決めた道だ。失敗しても後悔しない。またやり直すだけ。

 

ブックオフで以下の本も購入。多分kindleで購入済みだが、ハードカバーでも持っておきたくて購入。転職考えてる人はこれまた必読です。

 

一生、同じ会社で働きますか?

一生、同じ会社で働きますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

子育てについて。うんこ

昨日2人の子供を連れて電車に乗っていたら下の子からうんこの匂いがしてきました。

 

うんこしたのと聞いたらしたと答え、その後彼はオムツの中に指を突っ込みほらと言ってうんこのついた指を見せつけてきました。

 

私はすぐにバックを開けて息子が脱いだ靴下でそれを拭き取り、次の駅で急いで降りてトイレで着替えをさせました。

 

彼はこれまで見たこともないほどのうんこしていて非常に大変でした。

 

最寄りの駅に着いてから、彼は元気よく道端の石を拾いながら、てくてくと歩いて帰ってきました。

ものを測るということ

ものを測る(量る)ことの意味合いについてあまり考えたことがない人が多いだろう。それは当然のことであるし、あまりその重要性を認識することは少ない。

 

私は以前、東京本社のきれいな書庫の片隅で40年ぐらい前の本に出合って、ものを測ることの重要さを認識することができた。その本にはものを測る場合の精度(正確さ)のグラフと、人類の文明発展(人口増加)の相関を示すグラフがあった。

 

そこには、ものを測る場合の精密さ・正確さが向上するにつれて人類の科学技術は急激に発展し、文明が急激に発展、人口が爆発的に増加していることが説明してあった。当時は自分のしている仕事の意味が分からず、ある特定の材料の性能向上を支えるために特性を測ることが自分の仕事(つまらないが)だと思っていた。測定と文明の発展を示すグラフを見たとき、多種ある材料の機能向上よりも普遍的な意味が自分の仕事に含まれているような気がして感慨深かった。(当時の上司にその話をしたら、つまらんという感じで返された。つまらんのはあんたじゃないの。まったく。)

 

当然といえば当然で、ものを定量的には測ることによって自然科学は爆発的に発展した。

 

そして現代、ものを測定するには高価な測定装置が必要で、その装置はいろいろなメーカーが日々努力し開発・製造されている。それらを使っていろいろなものを測定し、新しいことを発見し、新しい技術が生まれ文明が発展していく。測定は初めは目で見たり、手や足の長さ、歩数をもとに距離を測ったりしていたのが、今や人類は遠い宇宙の果てのブラックホールを見るにまで至った。

 

ブラックホールから人類はまた何か新しい発見を得るだろう。そしてその発見を元に装置や機械が作られ、より正確に緻密にものを見て測定することができるようになるだろう。そしてそこから新たな発見が生まれ・・・

 

そして人類は進化していく。

 

 

macにwindowsを載せると非常に良い

マッキントッシュにウィンドウズを載せて使っているのだがこれがとても使いやすい。

<良い点>

①まずretinaディスプレイで動かせるウィンドウズが美しい。

 

②マックでエクセルやワードも使えるのがとても良い。

 

③マックのOSは写真整理にしか使わなくなってしまった。デジカメの写真は、wifi接続可能なSDカードで携帯電話に転送してgooglephotoで過去のデータも当然確認できるし問題ない。

 

④マックOSはHDDから動かすと激烈に重くなってしまうので、外付けのSSDにOSを入れ替えて使用しているのだが、bootcampでウィンドウズを動かす場合にはHDDからのアクセスで全く問題ないレベルで動作する。

 

icloudsafariのブックマークもすべて同期できる。

 

いろいろと述べたがOSはやはりウィンドウズが使いやすい気がする。ハードウェアはパーツの選び方等々、マックがやはり頭一つ抜けている気がする。こんなにウィンドウズにいろいろと渡してしまって大丈夫なのだろうか?どういう戦略でこんなことを許しているのかと不思議に思う。私のような会社はウィンドウズ一択だが、マックも使ってみたいなあという感じの素人を取り込もうとしているのか?

 

今度はマックブックを購入して、OSをウィンドウズにして持ち運んで使ってみたい。

 

ディスプレイがきれいだとこんなにウィンドウズの印象が変わるのか~と思いながらimac(2012)で遊んでいる。

もう7年目に突入したのにウィンドウズで新たな境地に達した我がimac。ちょっと前のゲームもすいすい動くし、まだ当面現役でバリバリ使えそうだ。なんかうれしいな。

 

 結論は自分にとって一番しっくりいくのは、マッキントッシュにウィンドウズを載せたPCということだ。